ブリ大根が一番好き

私は海が近くにある地域で育ったので、子供の頃から魚料理を食べて育ちました。
肉料理も良いですが、やはり魚料理の方が好きです。

 

我ながら一番作って美味しく出来る魚料理はブリ大根です。
お店で出されたブリ大根はおそらくブリの残ではなく、きちんとした切り身だと思います。

 

切り身も美味しいのですが、切り身を取って残された部分で作ったブリ大根の方がこってりとして私はより好きです。
私が作る時は、スーパーで買ってきたブリの残の鱗を取って、血の塊などを水洗いして、塩を振っておきます。
時間があれば30分から1時間程塩を振ったままにして、その後熱湯をたっぷりぶっかけます。
そうすると汚れが取れますし、多少しつこさも取れると思います。

 

大根は皮を剥いて、食べやすいサイズに切ったモノを米のとぎ汁である程度柔らかくなるまで煮ます。
下処理した大根とブリに醤油、味醂、酒、ハチミツ、生姜と一緒に炊いたら出来上がりです。
切り身で下処理すると油が抜け切ってしまう感じがして返って難しいのです。
ブリ大根はやはりブリの残で作るのが美味しいです。