ハタハタは美味しい

ハタハタという魚は、見た目がそんなに大きくないものが多くちょっと表面がぬるっとしています。
魚屋さんなどで売っているのを見ますと、地味な感じがします。

 

しかし、実際に食べてみると驚くほどおいしいのです。
調理法はいろいろありますが、簡単なものからご紹介します。

 

まずシンプルに塩焼きです。
この食べ方ですと、はたはた本来のうまみがお口の中に広がります。
他にも醤油とお酒で煮付けにすることもあります。
これはハタハタの身が柔らかくなってとても食べやすいです。
ほぐれやすいので盛り付けは気を付けないと形がくずれる時があります。

 

つぎに、ハタハタにみそをぬって焼くのもおいしいです。
我が家では普通の味噌を酒みりんを少し入れて、それをハタハタの表面にぬり、しばらく味をしみこませたあとに焼きます。
ハタハタのうまみと味噌の甘辛さが絶妙にまじりあって最高においしいです。
これはあまり魚を食べないこどもも喜んで食べました。

 

このようにハタハタは一見地味なお魚ですが、食べてみると濃厚なうまみがたまらないお魚です。